カードローンの申し込みから実際の融資までの流れ

カードローンの申し込みから融資が可能になるまでに、幾つかの流れがあります。最近では店舗への直接来店による申し込みやインターネット上での申し込みがあります。また電話や無人のATM機での申し込みもあります。その後カードローンの利用が可能かどうかの審査があります。大きく分けて3つのスッテプで審査が進みます。流れを見てみましょう。

信用情報の照会と事前審査

信用情報はそれぞれの人のローン内容やクレジットカードの利用履歴などの記録が、指定信用情報機関に残されます。そこにカードローンランキングの申し込み先が情報照会をします。申込書内の個人情報との照らし合せ、事前審査となります。

本審査(スコアリング審査)がある

問題なければ本審査へと進みます。必要書類等を基にして、限度額が決められるなどの融資が可能かどうかが決まります。また勤務先や年収、年齢などが点数付けとなり、このスコアリングによって正式な可決の判断材料となります。

在籍確認が行われれる

申込書には勤務先が記載されますが、実際に勤務先への在籍確認が行われます。カードローンの利用などは個人情報ですので、そこは勤務先に付された形で確認が行われます。ここで確認が取れると、ほぼ審査が通り、無事に融資が受けられるという流れになっています。可決の連絡が本人へと入り、ローン用のカードが郵送で届くなどして融資が受けられる運びとなります。